料理・レシピ

ジオプロダクトを使ったゆで卵の作り方。水も加熱時間も少なくてエコ!

ジオプロダクトでゆで卵 茹で後

ジオプロダクトの特徴といえば、無水調理ができること。

ゆで卵も、一般的な作り方とは違い、少ない水と加熱時間で作ることができます。

以前はゆで卵を作るのすら面倒でしたが、ジオプロダクトに出会ってからは、よく作っています。

この記事では、私のゆで卵の作り方をご紹介します。

 


ジオプロダクトを使ったゆで卵の作り方

私は大体、14㎝両手鍋を使ってゆで卵を作ることが多いです。

コンパクトで洗うのが楽でかなり重宝しています。

 

作り方ですが、

1、鍋に、卵と大さじ4(60ml)の水を入れて中火にかけます。

ジオプロダクトでゆで卵 生

2、鍋とフタの間から蒸気が出始めたら(意外と早いです)、弱火にして5分加熱します。

3、火を止めて3分蒸らします。

4、できあがり!

調理後も、水はそんなに減っている感じがしません。

ジオプロダクトでゆで卵 茹で後

切ってみるとこんな感じ。

ジオプロダクトでゆで卵 カット

水の量や加熱時間は、ジオプロダクトのクッキングガイドに目安が載っています。

ジオプロダクトゆで時間目安

我が家は子供が固ゆで好きなので、少し長めの時間にしています。

 

ジオプロダクトなら、ゆで卵の出来が安定する

以前はゆで卵を作るとき、「まずお湯を沸かすのが面倒」という理由で、水からゆでていました。

でもそうすると、いつ沸騰したのかが分からなくて、固いのか柔らかいのか、切ってみないと分からないゆで卵ができていました。笑

ジオプロダクトなら使う水が少なくすぐ沸騰するので、いつ沸騰したのか分からないというくらい待つことがありません。

ゆで卵がスピーディーにできるので、ストレスが少なくなりました!

関連記事
ジオプロダクトのおすすめサイズ。7個持ちの私の感想
ジオプロダクトのおすすめサイズ。7個持ちの私の感想

私が普段からかなり愛用しているジオプロダクト。 今では7個も持っていますが、初めて買うときはサイズ感が分からず、ネットで口コミや使っている人のブログを探しまくりました。 そこで、今私が持っているものに ...

続きを見る

 

まとめ

ジオプロダクトでゆで卵を作るのは、水も光熱費も時間も節約になります。

無水調理はおすすめなので良かったら試してみてください♪

-料理・レシピ

Copyright© ちえブログ , 2022 All Rights Reserved.