料理・レシピ

木下あおいレシピ/テレビ「なないろ日和」5月23日放送

2019年5月23日


木下あおいさんが、テレビで、組み合わせダイエットと、代謝促進レシピを紹介していました。

管理栄養士の木下あおいさんは、腸内環境を整え、体の中から美しくなる、日本インナービューティーダイエット協会の代表でもあります。

レシピ本もたくさん出版されています。

夏までに少しでも痩せたい人に向けて、食からのダイエットのコツを紹介します!(情報元:「なないろ日和!」 2019年5月23日(木)放送)

 


組み合わせダイエット

まず、ダイエットのために有効な、食材の食べ合わせをご紹介します。

夕食に、唐揚げを食べて、最後にフルーツを食べることありますよね?

でも、フルーツは中性脂肪に変わりやすいんです!

なので、ダイエットするならば、フルーツは朝・昼に食べるようにして、夜は控えるのがベスト。

夜フルーツは、脂肪が増えやすいんですね!

 

そして、唐揚げと一緒に食べるのにおすすめなのは、納豆!!

納豆には

  • ビタミンB1、ビタミンB6(脂肪の代謝促進)
  • 大豆タンパク質 サポニン(脂肪燃焼)

という嬉しい効果が。

ココがポイント

NG!・・・唐揚げ×フルーツ(夜)

OK!・・・唐揚げ×納豆

 

次に、パスタポテトサラダを一緒に食べることもありますよね?

ポテトサラダは、じゃがいもがメインなので、糖質の割合がとっても高いです。

イメージとしては、炭水化物×炭水化物の組み合わせ。

 

なので、パスタと一緒に食べるのにおすすめなのは、しめじ(キノコ類)!!

しめじ(キノコ類)には

  • ビタミンB1、ビタミンB2(糖質の代謝を高める)

があるので、パスタの糖質の代謝を促進してくれます。ビタミンB2が脂の代謝も促進してくれるので、良い食べ合わせなんです。

ココがポイント

NG!・・・パスタ×ポテトサラダ

OK!・・・パスタ×しめじ(キノコ類)

 

代謝レシピ

包丁、まな板いらず ダイエット美肌和え

材料
・亜麻仁油
・マッシュルーム
・サバ水煮缶
・ベビーリーフ
・のり
・ブロッコリースプラウト
・ラディッシュ
・ガーリックパウダー
・醤油
・黒酢
作り方
・ボウルに全ての食材を入れて混ぜる

缶詰を使うことで、包丁もまな板も使わず、混ぜるだけの簡単レシピですね。

ポイント

  • ニンニクに含まれる「アリシン」という成分(ビタミンB1)が、糖質の代謝を高めてくれます。
  • ブロッコリースプラウトは、ビタミンB群が豊富で、抗酸化・アンチエイジング効果のある「スルフォラファン」がエネルギー消費を増大させ肥満を抑制してくれます。
  • オメガ3を含む亜麻仁油は、中性脂肪の代謝も促進してくれます。また「リグナン」という成分が女性ホルモンに類似した働きをしてくれます。生で摂ることが大切。
  • 酸化した油は、酸化コレステロールが血管に悪影響を及ぼします。過酸化脂質が肝臓に負荷を掛けます。酸化した油は老化の原因。

 

ダイエット・ピリ辛代謝促進スープ

材料
・米油
・えのきたけ
・サラダ菜
・玉ねぎ
・ブロッコリースプラウト
・鶏胸肉
・昆布
・乾燥しいたけ
・にんにく
・生姜
・塩麹
・豆板醤
・味噌
作り方
1、鍋に、お酒・お水を入れ、玉ねぎ・えのきたけを入れて低温で蒸す。
2、ビニール袋に、皮を取った鶏胸肉・塩麹・にんにく・生姜を入れて10分漬け込み、下味をつける。
3、2を鍋に入れて、低温で蒸す。
4、昆布、乾燥しいたけ、サラダ菜、味噌、豆板醤を加えて、低温でじっくり煮る。
5、一煮立ちしたら完成。

油の代わりに、水もしくは酒で蒸す調理方法がポイントです。

ポイント

  • 油を使わず低温調理(45〜65℃)することで、老化因子AGE(タンパク質が糖化してできる最終生成物。肌や骨などの老化に繋がる)が生成されにくくなります。

 

最後に

大切なのは、「生命の鎖」という考え方。

1つの「体に良い」と言われる食材だけ食べていても健康にはなれません。

色々な栄養素が組み合わさって、初めて体にとって良い働きをします。

健康のためには、様々な栄養素をバランスよく摂ることが大切なんですね!

▼木下あおいさんレシピ▼

木下あおいレシピ/テレビ「なないろ日和!」3月14日(木)放送

木下あおいさんは、日本インナービューティーダイエット協会の代表であり、管理栄養士として、料理教室を主催したり、たくさんのレシピ本を出版されています。 2019年2月13日に男の子を出産されましたが、2 ...

続きを見る

-料理・レシピ

Copyright© ちえブログ , 2021 All Rights Reserved.