美容

ピアスホールが安定しないまま10年以上経った私が買ってよかったもの

2021年4月28日

サージカルステンレスピアス 金属アレルギー対応

私はピアスを開けて10年以上…いや20年近く経ちますが、いまだに片方だけピアスホールが安定していません。

ピアスをつけるたびに、左耳だけ腫れたり血が出たりします。

悪化するとしこりができたりするので、ちょっとピアスホールを安定させたいな〜と思っていました。

それで、ファーストピアスのようなものを探していたのですが、最近購入したものが結構良かったので、ご紹介しますね!

 

ピアスホールを安定させるために購入した商品

早速ですが、購入したのはこちらのガラスピアスです。

ガラス製のため金属アレルギーの人でも安心で、つけっぱなしで生活できます。

1つから購入できるので、ピアスホールが片方だけ安定しない人にもおすすめ。

透明ピアスなので、ピアスを隠したい人にも人気のようです。

 

タイプが色々あるので迷いましたが、一番細くて一番長い、18G×12mmを購入しました。

耳たぶは薄い方だし、12mmだと長すぎるかな〜と思いましたが、落ちる心配がないので、長めを買ってよかったです。

耳たぶの後ろ側はこのくらい出ています。

強化ガラスピアス 金属アレルギー対応

お風呂で髪を洗っても、寝ても、取れたり取れそうになったことはありません。

 

私はチタンや樹脂だと悪化することが多く、18金だと比較的大丈夫なことが多かったので、ピアスは18金ばかりです(それでも左耳は悪化することがありましたが…)。

でも18金って細いので、ピアスホールが狭くなっちゃうんですよね。

だからこのピアスも、最初はピアスホールに入れにくかったのですが、一度入れてしまえば、血が出たり膿んだりするようなことはありませんでした。

でも、耳の裏(ゴムのキャッチが触れる部分)が乾燥する感じがして…。

ガラスは大丈夫でもキャッチが刺激になっているのかも?と思い、2週間後くらいに別のピアスを試してみました。

 

ガラス以外ならサージカルステンレスのピアスがおすすめ

送料の関係で一緒に購入していた、サージカルステンレス製のピアス。

 

こちらも金属アレルギー対応で、つけっぱなしOKのピアス。

また大きさを迷いましたが、18G×8mmのシルバーにしました。

もっと大きめだと、普通にかわいいフープピアスです。

右耳のピアスホールも少し広げてみようかなと思って、左右の耳につけっぱなしにしていますが、ピアスホールは安定しているし、取れることはありません。

左耳の裏側のカサカサも、つるりんときれいになりました!!

チタンはダメだったけれど、サージカルステンレスは私には合っていそう♪

金属アレルギー対応といっても、人によって合う合わないがあるので、色々な素材を試してみるとよさそうですね。

サージカルステンレス製だと、可愛いのが色々あります♪( ´▽`)

 

追記:1年経過後と今のおすすめピアス

この記事を書いてから1年以上経過した今、ピアスホールのトラブルは全く起きていません!

そして、おすすめピアスも増えました。

今メインで使っているピアスはこちらです!


こんな感じで、はめるところが細くなっていて、はめやすいんですよね。

ピアスホールが安定しないまま10年以上経った私が買ってよかったもの

ピアスホールが安定しない間はピアスをつけっぱなしにしますが、その後は結構つけたり外したりするので、はめやすさは意外と大事。

このピアスも種類やサイズが色々あって迷うのですが、私が使っているのは2種類です。

↓太くて小さめサイズ(シルバーの18G、内径サイズ10mm)

ピアスホールが安定しないまま10年以上経った私が買ってよかったもの

↓細くて大きめサイズ(シルバーの20G、内径サイズ20mm)

ピアスホールが安定しないまま10年以上経った私が買ってよかったもの

個人的には18Gは結構太いな〜という印象です。今から買うなら小さいサイズも20Gにするかも。ただ、存在感はあります!

穴の位置にもよりますが、内径が小さすぎると私の場合ははめにくいので、10mmでよかったかなと思っています。

ピアスを目立たせたくない場合は、20Gの7mmがおすすめです。

私は基本的に小さいサイズを24時間つけっぱなしにしていて、大きいサイズはファッションリングとしてたまにつけています。

おしゃれしたい時はこの2つ以外のピアスも時々つけますが、帰宅するとすぐにこちらのピアスにつけかえることで、今のところピアスホールは安定しています。

本当に購入してよかったです♪

 

まとめ

ピアスホールが安定しないまま10年以上経ち、「もうピアスじゃなくてイヤリングつけるようにしようかな…」と思いましたが、サージカルステンレスピアスのおかげで、またピアスを楽しめそうです。

意外とキャッチが落とし穴になっている可能性もあるので、キャッチも含めて金属アレルギー対応の素材を色々と試してみるとよいと思います!

-美容

Copyright© ちえブログ , 2022 All Rights Reserved.