子育て

子供のケーキは何歳から?生クリームやチョコレートをあげる時の注意点

子供のケーキは何歳から?生クリームやチョコレートをあげる時の注意点

もうすぐ子供の誕生日!

でも小さい子供に生クリームやチョコレートってあげていいの?子供にケーキは何歳から食べさせていいのかな?など不安がありますよね。

また甘いものを食べると虫歯の心配もあります。

今回は子供にケーキを食べさせていいのは、何歳からかまとめてみました!

 

 


子供にケーキは何歳から食べさせてよい?

ずばり、生クリームは脂肪分が多いので1歳過ぎてからです。

脂肪分が多いと消化に時間がかかり、胃腸の負担が大きくなってしまいます。

それも2歳くらいまでは、大さじ1程度までのすこーしだけ。

また、市販のケーキは砂糖もたくさん入っていますし、洋酒を使っているものもあります。

 

小さな子が甘いものの味を覚えてしまうと、もっともっと食べたいと癇癪を起されることもあり、そうなると親はなかなか辛いものです・・・。

そしてなんと言っても、虫歯の心配もありますよね!

うちの子は歯磨きが大嫌いだったので、心を鬼にして!号泣する子を押さえつけて歯を磨いていました^^;

 

でもお誕生日のお祝いにはケーキがないと、なんだか寂しいですよね。

そんな時は生クリームの代わりに、水切りヨーグルトを代用して手作りするのもいいですよ♪

1歳の子も食べられる、代用品で作るバースデーケーキのレシピをご紹介しますね!

 

1歳のお祝いバースデーケーキ

子供のケーキは何歳から?生クリームやチョコレートをあげる時の注意点

材料
・サンドイッチ用食パン・・・3枚

・ヨーグルト・・・約200g(大きなヨーグルトパック半分くらいです)

・子供が好きなフルーツ(バナナやイチゴ)・・・適量

・卵ぼーろ・・・10~12個ほど

<下準備>
・ヨーグルトは、前日夜から、冷蔵庫でザルにキッチンペーパーを引いた上で水切りしておく

<作り方>

1、食パンを丸くカットする。もしくは、お皿やマグカップで型抜く。

2、中にはさむフルーツは食べやすいように切る。

3、食パンに水切りヨーグルトを塗る→カットしたフルーツを乗せる→水切りヨーグルトを塗る。

4、↑これを重ねていきます。

5、最後に上と側面にも、水切りヨーグルトを塗っていく。

6、上にクリームの絞りの代わりに、卵ぼーろを飾る。残りのフルーツで飾り付けする。

 

ポイント

☆側面にうまくクリームが塗れなくても、薄くカットしたイチゴを張り付けたりすると誤魔化せます♪

☆ケーキの中央には、可愛いロウソクを立ててあげると子供が喜びそう♪

☆スポンジの代用には、食パンのほかにホットケーキや蒸しパンでも作れます♪

 

ちえ
子供も食べられるもので作れば、親も心配なく食べさせられますね!

 

子供に生クリームやチョコレートをあげる時の注意点

子供のケーキは何歳から?生クリームやチョコレートをあげる時の注意点

生クリームをあげる時の注意点

生クリームは牛乳の脂肪分です。

そのため、牛乳のアレルギーがあるかを確かめてから、生クリームを食べさせるかを判断しましょう。

また、生クリームには、植物性と動物性がありますが、乳幼児には動物性の生クリームを選びましょう。

動物性のものは牛乳の脂肪分ですが、植物性のものは油を加工したもの。 さらに植物性は、添加物も気になるところ。

ただ生クリーム自体が牛乳の脂肪分ですので、生クリームは「油」と考えた方がいいでしょう。

 

チョコレートをあげる時の注意点

おやつにチョコレートをあげる時は、だらだらと食べさせずに量を決めて、食後に歯磨きをしっかりしましょう。

チョコレートはお砂糖たっぷり!

よくあるチョコレートに含まれているカカオの割合は30~40%。残りの70~60%には砂糖や全紛乳、カカオバターなどが含まれています。

カカオ豆自体は、本来薬代わりにしていたくらい苦ーいものなので、それを甘くするためたくさん砂糖をいれているんです。

やはり虫歯や、チョコレートへの依存症も心配ですよね。

歯磨きが出来ないときは、お茶やお水を飲ませるのもいいですよ♪

ちえ
ちなみに、ジュースを飲んだ後にも虫歯予防として、お茶や水を飲ませた方がいいんです。

私の通っている歯科の先生によると、ジュースには砂糖がいっぱい入っているので、歯を砂糖漬けにしているようなものだそう。

そう聞くと、恐ろしいですよね><

 

そして実はチョコレートには、何歳からならいいという一般的な基準や、科学的な根拠はありません。

実際に赤ちゃんや小さい子どもたちにチョコをあげて、良くない影響はあるかなんて実験をすることはできないからです。

それならいつからいいのかと言うと、1歳過ぎから舐める程度なら大丈夫のようです。

ただチョコレートは嗜好品なので、出来れば三歳過ぎてからのが好ましいですね。

 

幼児期のおやつであげるのならば、やはり腹持ちのいいバナナやサツマイモ、サンドイッチやヨーグルトがおススメですが、上の兄弟がいるとそうはいきませんよね。

あとはおじいちゃんおばあちゃんが、孫が可愛いがゆえに勝手にチョコレートをあげてしまうパターンも・・・。

 

そしてチョコレートにもアレルギーがあります!

チョコレートやココアなどのカカオ主原料食品には、「チラミン」と呼ばれる血管浮腫物質が含まれていて、これがアレルギーの原因となります。

ちえ
初めて食べさせる時は、必ず親が見ているところで食べさせましょう。

 

まとめ

子供にケーキやチョコレートをいつからたべさせていいのか、迷いますよね。

生クリームは、一歳過ぎてから大さじ1程度。

チョコレートは出来れば三歳過ぎてからのがよさそうです♪

そして食べた後は歯磨き、もしくはお茶を飲んで可愛い子供の歯を虫歯から守りましょうね!

-子育て

Copyright© ちえブログ , 2021 All Rights Reserved.