料理・レシピ

マツコ絶賛ゆで卵の作り方は簡単?「マツコの知らない世界」6月11日放送

2019年6月10日

マツコ絶賛ゆで卵の作り方「マツコの知らない世界」

2019年6月11日の「マツコの知らない世界」では、たまごのソムリエ・小林真作さんが、自宅で簡単にできるゆで卵の作り方を紹介していました。

ゆで卵の作り方って、水からとかお湯からとか色々な方法があり、どれが一番良いのか迷ってしまいますよね。

小林真作さん曰く、「ゆで卵こそ一番美味しい卵の食べ方」とのこと。

15年間、毎日10個の卵を食べている小林真作さん直伝の、家庭で簡単にできる美味しいゆで卵の作り方をご紹介します!

 


マツコ絶賛ゆで卵の作り方

家庭で簡単にできる美味しいゆで卵の作り方のポイントは3つ。

  1. おしりに少しだけ穴を開ける
  2. お湯は高さ18ミリで、沸騰してから卵を入れる
  3. 最初の90秒ゆっくり回すと、黄身と白身のバランスが美しくなる

それでは作り方を順番に解説します!

 

1、ゆで卵を綺麗に剥く方法。おしりに少しだけ穴を開ける

卵の尖っていない方のおしりに「押しピン」をゆっくり刺す。

こうすると、卵の殻が剥きやすくなり、白身が滑らかな口当たりになります。

注意点としては、深く刺しすぎないこと。深く刺してしまうと、その穴から白身が出てきてしまいます。

 

産みたての卵は内部に炭酸ガスがたくさん入っているんですね。

これが膨張したりpHを下げたりして、白身と殻をくっつけてしまうのです。

なので、殻に穴を少し開けて、茹でながらガスを抜くことで、キレイに殻が剥けるようになります。

 

2、沸騰してから卵を入れる

お湯は高さ18ミリで、沸騰してから卵を入れる。

お湯は少しで良いそうです。

卵を水から茹でると

  • 水の量
  • 鍋のサイズや形状
  • コンロの熱量や火の強さ

などの条件の違いで、時間をきっちりはかっても、出来上がりが毎回違ってしまいます。

 

でも沸騰したお湯から茹で始めると、調理スタート時点から

「温度は100℃」

という条件で毎回調理ができ、同じ味を再現できます。

 

3、最初の90秒ゆっくり回し、黄身が真ん中になるようにする

最初の90秒、箸でゆっくりかき回します。

すると、黄身が真ん中になり、白身とのバランスが良くなります。

 

4、蓋をして加熱をする

自分が一番好みの時間をタイマーで正確にはかり、すぐに氷水で冷やす。

茹で時間のベストは以下のように言っていました。

  • 半熟→6分30秒
  • ちょっとしっとりした固ゆで→8分30秒
  • 固ゆで→10分弱

 

失敗しない卵の選び方

美味しいゆで卵を作るための、失敗しない卵の選び方もあるそうです!

新鮮な卵を使うのはNG

新鮮な卵には炭酸ガスがたくさん入っているので、そのまま茹でると殻が剥きにくくなり、白身がボロボロになったりします。

買ってから3日以降がベストです。

 

冷蔵庫で冷えている卵はNG

冷えた卵をお湯に入れると、温度差で殻にヒビが入り、中身が出てしまうことがあります。

常温に戻してから茹でる方が良いです。

 

サイズはMがベスト

MサイズとLサイズでは、黄身の大きさはあまり変わりませんが、白身の量がLの方が多いです。

黄身と白身のバランスが良いMサイズの卵が一番オススメです。

 

ゆで卵専用の卵がある!

自宅で簡単に美味しいゆで卵を作る方法は分かりましたが、ゆで卵はシンプルな料理だけに、卵の美味しさが重要です。

「マツコの知らない世界」に出演された、たまごのソムリエ・小林真作さんの会社「小林ゴールドエッグ」では、なんと

「ゆでたまご専用たまご」を販売しています。

他にも、

などを販売!

料理の種類別に、たくさんの卵を作っているんですね〜。

5種類の料理別のたまごが試せる、お試しセットもあります。

▼お試しセット▼

現在、「小林ゴールドエッグ」では、鶏卵卸業では日本最多の83種類の卵を販売しています。

それぞれ卵の味がどう違うのか、食べてみたいですね!!

 

最後に

卵好きのマツコさんも認める、美味しいゆで卵の作り方をご紹介しました。

これで自宅でも簡単に美味しいゆで卵が食べられますね♪

-料理・レシピ

Copyright© ちえブログ , 2021 All Rights Reserved.