料理・レシピ

クッキー作りで小麦粉は薄力粉で代用できる?2つは同じもの?

2019年11月22日

クッキー作りで小麦粉は薄力粉で代用できる?同じもの?

クッキーを作る時って、薄力粉?小麦粉?

薄力粉と小麦粉の違いって何だろう?

小麦粉なら家にあるけど…代用できるの?

 

こんな風に、レシピを見て困った事ありませんか?

そもそも種類の違いがよく分からなくて困りますよね。

小麦粉と薄力粉の違い、保存方法や賞味期限などまとめてみました!

 

 


クッキー作りで小麦粉は薄力粉で代用できる?

クッキー作りで小麦粉は薄力粉で代用できる?同じもの?クッキー作りには、小麦粉は薄力粉で代用する事ができます。

そもそも、「薄力粉」「中力粉」「強力粉」は小麦粉の種類になります。

ですので、お菓子作りのレシピに小麦粉と書いてある場合は、たいてい薄力粉で出来ます。

 

なぜ薄力粉がクッキー作りに良いかというと、薄力粉の中には含まれるグルテンの量が少ないからです。

グルテンの成分はタンパク質で、水分と合わさることで粘りや弾性が出ます。

 

クッキーを作る際には、このグルテンが厄介なのです!

クッキーの生地にグルテンが発生すると、生地同士が固く結びついて、かたーい食感のクッキーになってしまうんです!

 

そしてこのグルテン、粉を混ぜ入れてぐるぐるとよーくかき混ぜ過ぎてしまうことにより、発生してしまいます。

クッキーなどのお菓子作りのレシピによく、「粉を加えたらゴムべらでさっくり切るように混ぜる」とかいてあるのは、そのためなのです。

混ぜなさ過ぎても生地がまとまらないけれど、混ぜ過ぎると固いクッキーになってしまいます。

 

粉を混ぜる時はゴムべらで切るように混ぜて、最後はボールに押しつけるようにしてひとまとめにするといいですよ。

練らないようにまとめるのがポイント^^

 

 

ちなみに、小麦粉の代用としては「米粉」が使えます♪

米粉は小麦粉よりも粒子が細かく、サラサラしているのでふるわずに使えます。

米粉でクッキーを作るとサクサクに、パンケーキだともちもち食感になります。

 

その場合は「製菓用米粉」を使われることをおすすめします^^♪

なぜなら、米粉によっては吸水率が違ってくるため、製菓用に細かく製粉された物のが扱いやすいのです。

 

薄力粉と小麦粉は同じもの?

クッキー作りで小麦粉は薄力粉で代用できる?同じもの?小麦粉とは、小麦を挽いて粉にしたものです。

小麦粉に含まれるたんぱく質の量によって、3つに種類分けしたうちのひとつが薄力粉になります。

ということは、薄力粉と小麦粉は同じもの

 

そして、その3つとは、「強力粉」「中力粉」「薄力粉」です。

3つの違いは、グルテンの含まれる量や製粉方法の違いです。

 

含まれるグルテンの量や性質の強さは、強力粉が一番で、次に中力粉、薄力粉が一番少ないです。

粉の粒の大きさは、強力粉が一番荒く、中力粉は中間、薄力粉が一番細かくなります。

タンパク質の含有量が少ないほど、繊細にふわっとした仕上がりになります。

 

それぞれの用途は、

強力粉:パン、ピザ生地、餃子の皮、中華まん

中力粉:うどん

薄力粉:お菓子作り、ケーキ、てんぷら

 

強力粉はサラサラとした質感なので、打ち粉にも適しています。

伸ばして型抜きするクッキー生地がくっつかないように、台と型にも打ち粉をするとくっつきにくくなります

 

中力粉ってあまり聞いたことないですよね^^;

強力粉と薄力粉の中間くらいのグルテン量なので、ドーナツやかりんとうを作るのにも適しているようですよ。

ただ、あまりスーパーでも見かけないような…^^;

 

開封後の小麦粉の保存方法

小麦粉って一度に使い切れないですよね。

一度開封すると湿気を吸いやすいので、保存方法をご紹介します!^^

 

・開封後はジップロックなどで密閉して、冷蔵庫保存がおすすめ!低温だとダニの発生を防げます。

・早めに使い切れそうなら常温でも可!密閉袋に入れる。

・匂いの強い物のそばに置かない。

 

常温で保存する場合は、高温多湿、直射日光を避けた場所に保管しましょう。

しかし、シンク下や床下収納はオススメしません!

かなり湿気が溜まる場所なので、避けた方がいいです。

 

また、小麦粉の入った袋の開け口も粉を落としてしっかり締め、さらに密閉袋に入れるとダニの侵入を防げます。

 

開封後の小麦粉の賞味期限

メーカーによると未開封状態では、強力粉は製造後6か月、薄力粉、中力粉は1年です。

そして、開封後は1~2か月で使い切るようにしましょう。

 

見た目には分かりづらいですが、ダニなど虫が侵入してしまう場合もあります。

開封したあとは、記載されている賞味期限に関係なく、早めに使い切るようにしましょう。

 

ちなみに、強力粉のほうが期限が短いのは、含まれているグルテンの量が多く、変質しやすいため。

小麦粉って意外と長持ちしないんですね^^;

ダニの侵入も恐ろしいです…!!!

 

まとめ

薄力粉とは小麦粉のことでした!

クッキー作りには、グルテンの少ない薄力粉が適しています。^^

今グルテンフリーも流行っているので、小麦粉の代用として米粉でクッキーを作るのもおすすめですよ~♪

 

それぞれ、粉の特徴を知っておけば、お菓子作りにもお料理の時にも役立ちそうですね!

また、使い切れなかった残りの小麦粉は、しっかりとチャックを閉めて密閉袋に入れておくのも大事^^

良かったらご参考にしてみてくださいね~♪

-料理・レシピ

Copyright© ちえブログ , 2021 All Rights Reserved.