恋愛

28歳で失恋しても出会いのきっかけは山ほどある【焦らない行動が大切】


28歳で失恋しても、これから良い人に出会うきっかけはたくさんあります。

ただ周りに結婚・出産する人が増えると、自分が置いていかれた気になって焦ったり、「年齢的に今からよい出会いがあるのか不安で仕方がない…」と思ってしまいますよね。

落ち込むのは早いです。そもそも28歳はめちゃくちゃ若いですし、出会いに関係あるのは年齢ではなく行動範囲です。

まずは小さな行動から初めてみるのがオススメ。

その際の大切なポイントと併せて、この記事で解説していきます。

 

 


28歳で失恋しても出会いのきっかけは山ほどある

出会いに関係があるのは、年齢よりも行動範囲です。ずっと引きこもっていたら誰とも出会えませんよね。

もし年齢を気にするのであれば、今が一番若いんだから、悩みすぎるより行動した方が良いです。

よくある出会いのきっかけと、行動する時のポイントをお伝えします。

出会いのきっかけ1:職場

出会いのきっかけで多いのは職場です。

「今さら職場はない!」と思いましたか?

でも今まではあなたに彼氏がいたからよく見えていなかっただけ…かもしれませんよ。

職場での出会いはお互いの素性が分かっていますし、収入も大体分かるので安心感があります。

今さら…と思わずに、よ〜く周りを見渡してみてくださいね。

私が勤めていた会社では、同期で結婚したカップルがたくさんいましたが、最初は付き合っていなかったのに30歳前後で急に付き合いだして結婚した例がたくさんありましたよ。

出会いのきっかけ2:友人や知人の紹介

「自分の周りにはもういい人がいない…」

そんな時は友人や知人に紹介してもらうのがベスト。

知り合いの知り合いだと安心できるし、結婚願望がある人を紹介してもらいやすいです。

変な人を紹介して仲が悪くなることは避けたいですしね。

友達に紹介してもらうときは、既婚・独身関係なく、友人自身が幸せな人に紹介してもらうのがおすすめです。

友人自身が幸せじゃないと、「他人の幸せを妬む心」が出てきてしまいます。

既婚者でも幸せを感じていない人もいるので、注意です。

出会いのきっかけ3:趣味や習い事

趣味や習い事がきっかけで知り合う人もいます。

共通の趣味があると話のきっかけになって会話が弾みやすいですよね。

スポーツ系はストレス発散にもなりオススメです。

注意点は、出会い目的のみで始めるのではなく、自分の趣味や交友関係を広げる一環として始めましょう。

 

本気で出会いたいなら宣言した方がいい

あなたが本当に出会うきっかけが欲しいならまず周りに宣言してみませんか?

宣言していると、直接の知り合いじゃなくても、知り合いの知り合いの知り合い…みたいな人を紹介してくれる場合があります。

どこで出会いがあるか、どこから出会いにつながるかは分かりません。

意外とお節介好きな人は多いものです。

客観的に見て、あなたに合いそうな人を探してくれるかもしれませんよ。

 

出会いを求めるのに焦りは禁物

失恋してすぐに焦って婚活するのは注意した方が良いです。

なせなら、だんだん「誰でもいいや」って気持ちになってきちゃうから。

婚活期間が長くなってくると同じような傾向になる人もいます。

焦って妥協しちゃうんですよね。

でも結婚できれば誰でもいいわけじゃないですよね?

よく言われることで今さらですが、結婚はゴールじゃなくスタートです。

結婚して、幸せな家庭を作ることが目的なら、誤った判断をしないように、冷静になる期間も必要です。

冷静になった後に、自分が理想とする彼の条件を挙げてみるものおすすめ。

失恋の傷は、時間が解決します。

だから、焦らず「こんな人と出会いたい」という自分の理想は持っていた方が良いです。

 

まとめ:出会いたいなら焦らず行動しよう

彼との出会いがほしいなら行動するしかありません。

でも焦って行動すると判断を誤る可能性があります。

あなたの目的は結婚じゃなくて幸せな家庭ですよね?(結婚の人もいるかもしれませんが)

今が不幸のどん底ならこれから上がる道しかありません!

だから明るい未来に向かって小さな行動を始めましょう。

-恋愛

Copyright© ちえブログ , 2021 All Rights Reserved.