わたし、定時で帰ります。

わたし定時で帰ります[ロケ地]上海飯店は実在する?場所は?小籠包は食べられる?

2019年4月11日

わたし、定時で帰ります。

「わたし、定時で帰ります。」が2019年4月16日(火)から始まります!

主人公の結衣は「絶対残業しない」をモットーに、入社以来、定時で帰る生活を続けていて、定時退社後は、行きつけの中華料理「上海飯店」のハッピーアワーでビールを飲むのが日課。

中華料理「上海飯店」で飲むビールや小籠包はとっても美味しそうですよね!

あんな中華料理屋が実在したら、行ってみたいものです。

そこで今回は「わたし、定時で帰ります。」の中華料理「上海飯店」は実在するのか?ロケ地・場所はどこか?を調べてみました!!

 

 


わたし定時で帰ります。中華料理「上海飯店」は実在する?場所はどこ?

中華料理「上海飯店」の撮影ロケ地は、横浜中華街のようです。

目撃情報もありますが、詳しい店名までは分かっていません。

 

ただ外観は、東京都神田にある「うまいものや たろう」を使っています。

入り口の外観が同じことが確認できます。

 

「わたし、定時で帰ります。」の中華料理「上海飯店」は、中国人の店主・王丹(江口のりこ)が営んでいるお店です。

結衣が務める会社から徒歩5分の雑居ビルの地下にある、安くて美味しい中華料理屋さん。

パンダのマークがとっても可愛いし、小籠包もすごく美味しそう!!

こちらの第2弾予告動画でも、結衣が幸せそうに小籠包を食べたりビールを飲んだりしている姿が映っています。

 

わたし定時で帰ります。中華料理「上海飯店」の小籠包は食べられる?

中華料理「上海飯店」の具体的な店名までは分かりませんでしたが、なんと、「わたし、定時で帰ります。」の「上海飯店」の小籠包は、実際に食べられます!!

人気の小籠包の専門店・京鼎樓(ジンディンロウ)とコラボし、4月13日(土)〜6月30日(日)までの期間限定スペシャルメニューとして登場します!

他にも、「上海飯店」のジョッキ、お皿、レンゲなどの食器が、公式グッズとして発売されています!

▼こちらの記事で詳細を書いています。

 

わたし定時で帰ります。中華料理「上海飯店」のシーンが楽しみ

「わたし、定時で帰ります。」の中華料理「上海飯店」の店主・王丹役の江口のりこさんは良い味出してますよね。

私はすごく雰囲気が好きな女優さんです♪

王丹は、常々、日本人の過重労働には疑問を抱いています。

上海飯店は18時オープンで、18時10分までハッピーアワー。

王丹は、お客が居ないと20時に閉店するなど、無理して働かない主義です。

結衣とどんなやり取りが繰り広げられるのか、とても楽しみです!

 

-わたし、定時で帰ります。

Copyright© ちえブログ , 2021 All Rights Reserved.