わたし、定時で帰ります。

わたし定時で帰ります。1話感想(ネタバレ)!名言が心にしみる!

2019年4月16日

わたし、定時で帰ります。

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」1話が2019年4月16日に放送されました!

「わたし、定時で帰ります。」というタイトルを聞いたとき、最初「ハケンの品格」の篠原涼子みたいな女性が主人公かと思いましたが、あらすじを読むと全然違いました。

もっとリアルな普通にいる女性が主人公なので、内容に共感できそうで期待していたんです。

今回は「わたし、定時で帰ります。」1話の視聴率・あらすじ・感想(ネタバレ)を紹介していきます!

 

 


わたし定時で帰ります。1話視聴率

「わたし、定時で帰ります。」1話の視聴率は9.5%でした。

 

わたし定時で帰ります。1話あらすじ

主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。
過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。
理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。
行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。

だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。
ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、双子を育てるワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。
彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか──?

引用:わたし、定時で帰ります。公式サイト

 

わたし定時で帰ります。1話感想(ネタバレ)

三谷(シシド・カフカ)の気持ちは分かる


1話は三谷(シシド・カフカ)の話がメインでしたが、シシド・カフカさんの演技が良かった〜!

多少オーバーだけど、こういう人いるいるー!すっごく固くて真面目で融通がきかない人。

ちょっと変わったキャラをすごく自然に演じていて、すごいなと思いました。

自分が新人の頃はかなり厳しい職場環境で、褒められたことなんて一度もなかったので、最近の新人のゆるさが許せない三谷。

ま〜こんな人が上司だったら正直辛いと思うけど、間違ったことは言っていないし、意地悪で言っているわけじゃないことはよく分かります。

言い方が下手だったり、やり方が不器用なんですよね。

後輩役の女優さんも上手でしたね〜。

先輩にイラついてる様子とか、人をムカつかせる演技とか。


三谷は、小学校の頃から1日も学校を休んだことが無く、会社も入社以来の皆勤賞。

それは、休んだら自分の居場所がなくなる気がしていたからなんですね。

会社を無断欠勤してしまった後に

「私、前の会社でも人望なかったんです。

今の会社に吸収されるって決まった時、怖かった。

私みたいな人間が、ついていけるんだろうかって。

私みたいな人間はいくらでも残業し休みを取らずに働く。

そうすることでしか評価を受ける術がありません。」

と告白していました。

自分にコンプレックスがあり不器用で容量が悪いと思い込んでいる。

休むことが怖かったんでしょうね。

容量の良い結衣は自分のことをバカにしていると思い込んでいましたが、最後に誤解が解けて良かった。

「休んだって居場所は無くなりません!」と三谷に言う結衣は優しいなと思いました。

休んだ後は、三谷の人間らしさが見えて安心しました。

会社でもずっと表情が硬く真顔だったのにちょっと笑顔も見えて。

柔らかい雰囲気になっていましたね。

 

結衣の定時に帰る理由に納得

実は結衣も前職で新人の頃、月100時間以上残業して休みなく働きまくっていました。

その頃は毎日

「病気か怪我でもしないかな。そしたらしばらく休めるのに」

と考えていたんですね。

この気持ち、めちゃくちゃ分かります・・・!

私も月100時間残業して夜眠れなくなった頃、全く同じこと考えてました。

仕事が辛い時ってそういうこと考えちゃう人多いのかな。

 

ただ結衣は本当にその通りになってしまい、怪我をして意識不明の重体になってしまいました。

それで、転職するときに「定時で帰る」という自分の働き方を決めたんです。

 

「私はこれ以上頑張りません。定時で帰ります。有給も好きな時に取ります。」

結衣が言ったこの言葉だけ聞くと、本当に自分のことしか考えていないOLのように見えます。

でも自分の仕事はちゃんと効率的にやり切り、実は周りへの心遣いもできる人。

冷たい訳でもサボっている訳でもないんですね。

 

王丹(江口のりこ)がツボ!!


中華料理「上海飯店」の店主、王丹さんの存在がすごく良い!!

江口のりこさんの、カタコトの日本語が面白いです。

ビールをお代わりしようとした客に

「ダメ!!ツーフー(痛風)デルッテ奥さんに言われてるデショーヨ!!」

と言ったり

過労死してしまったお客さんのことを

「ナニを言う。アノ人うちの大事なお客さんダッタヨ。

代わりはイナイヨ。ミンナうちの大事なお客サン。」

と厳しくも温かい言葉をかけてくれます。

こんな中華料理屋があったら本当に通いたいな〜。

 

個性的なメンバーだがアルアル感あり。中丸くんだけ微妙?

種田役の向井理さんは、外見イケてない感じがよくハマってました。

髪の毛ボサボサ、洋服も適当、外見にあんまりこだわっていない感じ。

こういう人いますいます!こういう向井理さんのキャラも良いですね!

 

ユースケ・サンタマリアの福永清次役も良かった!

ネチネチいやらしい上司キャラ、自分の保身のことしか考えていない、人をイラッとさせるユースケさんの演技上手でした!

 

ただ、中丸くん、演技・・・下手だなあ・・・。笑

ワザとなのかな?あの棒読み感。ああいう喋り方のキャラ?

吉高由里子さんと会話していると、差がすっごく目立ちます!!

吉高由里子さんはやっぱり女優さんだな〜って思っちゃいますね。

でも良いセリフ言ってました。

「僕がね、会社に入って一番驚いたのは、こんなにも価値観て人それぞれなんだってことだった。

学生時代って価値観が似た人たちと付き合うじゃない?

仕事は全然違う考え方の人たちと協力して一つのことを成し遂げる。だから面白いんだよね」

まあ、そうなんだけどね〜。

だから色々と大変なんですよね、仕事って。笑

 

みんなそれぞれに背景がある

このドラマを観て思ったのが、やっぱりみんなそれぞれに背景があるんだよなってこと。

色々な過去があって、今の生き方や働き方になっているんですよね。

今の姿を見るだけじゃなくて、背景も考えられる人になりたいな〜なんて思いました。

これからも、それぞれの登場人物の背景を考えさせられそうです。

 

でも結衣のように、無駄なことをせずテキパキと仕事をこなしてキッチリ定時で帰る。

こんな働き方をしたくてもできない人は多いですよね。

自分の働き方を考え直すきっかけのドラマになりそうです!!

わたし定時で帰ります【2話】感想を見る>>>

-わたし、定時で帰ります。

Copyright© ちえブログ , 2021 All Rights Reserved.